分解工房

NINTENDO ニンテンドー 3DS

赤外線ユニット交換修理/全2ページ7工程
難易度:かんたん
大ヒットを記録したニンテンドーDSの後継機種、ニンテンドー3DSです。
順番を追っていけば癖も無く分解できる様になっていますが、一部部品はかなり手間と根気を要しますのでご注意下さい。

 

1 page


3DS分解1バッテリーを外す(1)

1.バッテリーを外す(1)

電源を落とし、SDメモリカードやペンを外しておきます。
本体底面部のネジを緩め(外すことは出来ません)て、バッテリーカバーを持ち上げて外します。

※下部の小さい写真が有る場合、カーソルを合わせる(またはクリックする)と左側に大きい写真が表示されます。

3DS分解2バッテリーを外す(2)

2.バッテリーを外す(2)

箇所にツメなどを引っ掛けて、バッテリーを起こすようにして外します。

3DS分解3ボトムケースを外す(1)

3.ボトムケースを外す(1)

ボトムケースのネジを外します。

ケースに使われているネジ
(+0/長さ6.3mm)
(+0/長さ2.5mm)

ネジが外れたら、手前から起こします。LRボタンのケーブルがボトムケースに付いている為、気をつけて起こして下さい。

3DS分解4ボトムケースを外す(2)

4.ボトムケースを外す(2)

ボトムケースからマザーボードに繋がっているLRボタンのケーブルを外します。

箇所のコネクタ(Lボタン側)にヘラなどを引っ掛け、マザーボードから垂直に押し上げて取り外します。

3DS分解5ボトムケースを外す(3)

5.ボトムケースを外す(3)

箇所のコネクタ(Rボタン側)も同様にヘラなどを引っ掛け、マザーボードから垂直に押し上げて取り外します。

これでボトムケースが完全に取り外せました。


 

1 page

  工具&部品リスト 

この記事に関係がある工具と部品のリストです。リンクをクリックするとAmazonでお買い物が可能です。

アネックス(ANEX) スーパーフィット精密ドライバー プラス00×75 No.3511

No.00のプラスドライバーです。軸径1.8mmと細めになっています。細かい作業に重宝します。

PC/Mac/携帯等修理用ツール Spudger

Appleのサービスマニュアルでは「Blackstick」という名前にて使用されている工具。静電気を帯電しにくいナイロン製で適度な硬さ、更に両端の片方はヘラ状、もう片方は尖っていてノートや携帯の分解にとにかく便利。こちらはmade in USAのものです。類似品とは硬さが違うのがポイント。

エンジニア ESDピンセット PTZ-43

「静電気の帯電にデリケートな電子部品、プラスチックの取り扱いに最適。」との事。但し、力を入れすぎるとポキッと折れますのでご注意を。先端のスペアも売ってます。普通のピンセットもあると良いかも。

TRUSCO 静電気対策用手袋L(ノンコート)

静電気防止用の手袋。基板を直接触る時や乾燥した時期の作業に一つあると安心ですね。Mサイズもあります。

 こんな記事も読まれています


 ページトップへ戻る