分解工房

Panasonic Let'snote CF-W5/CF-W4

HDD交換/全4ページ15工程
難易度:ややむずかしい
12インチ液晶+光学ドライブのレッツノートを代表するモデル、CF-Wシリーズの第二世代モデルです。
尚、HDDを交換する場合は汎用品と電圧の異なるHDDが使用されている場合がありますので注意しましょう。CF-W4G(40GB)は特殊品(Logic3.3V)、CF-W5とCF-W4H以降(60GB)の一般仕様品は通常電圧です。
※撮影にはCF-W5Lを使用しています。CF-W4/W5シリーズは基本的に全て同一手順になります。

 

1 page


CF-W5分解1ボトムケースのネジを外す

1.ボトムケースのネジを外す

通電していないことを確認しバッテリーを外します。
ドライバーを使用し、ボトムケースのネジを外します。

ネジの種類/長さ
+00/12.5mm
+00/10.8mm
+00/6.5mm
+00/6.8mm
+00/4.5mm
+00/10.5mm

 

CF-W5分解2キーボード固定部品を外す

2.キーボード固定部品を外す

キーボード裏側左右の固定部品をスライドして取り外します。
箇所のツメで固定部品が抑えられていますので、部品の穴にマイナスドライバなどを引っ掛けて、少し上に持ち上げつつ 方向にスライドして外します。
取り付け時にはの出っ張りに固定部品を填め込んで取り付けます。

※下部の小さい写真にカーソルを合わせる(またはクリックする)と左側に大きい写真が表示されます。

CF-W5分解3バッテリー横のシールを剥がす

3.バッテリー横のシールを剥がす

バッテリーが収納された箇所の横側に貼られているシールを剥がします。ヘラなどを使用すると剥がし易いです。

尚、全て剥がす必要は無く、写真3枚目の切れ込みより下側(トップケース側)が剥がれていれば分解可能です。

CF-W5分解4LANコネクタ周りのシールを剥がす

4.LANコネクタ周りのシールを剥がす

側面のLAN+modemコネクタ周りのカバーシールを剥がします。ヘラやマイナスドライバなどを使うと作業がし易いでしょう。粘着力が非常に強いので、ゆっくり丁寧に剥がして下さい。力ずくで剥がすとシールが切れる場合があります。
また、ヒートガンを使って溶かす場合は、キーボードなど他の部品が溶ける可能性があるので温度には注意して下さい。その場合は先にキーボードを外してからヒートガンを使うと良いでしょう。


 

1 page

  工具&部品リスト 

この記事に関係がある工具と部品のリストです。リンクをクリックするとAmazonでお買い物が可能です。

玄人志向 セレクトシリーズ mSATA SSD IDE変換アダプター KRHK-MSATA/I9

この世代のレッツノートで使用しているIDEより安価で大容量、供給が安定しているmSATAのSSDが使えるアダプターです。アダプター自体が2.5インチHDDと同じサイズなので収まりも問題なし。CF-W4(40GBモデル)の3.3V仕様対応かは不明ですが…CF-W2で使用しているというレビューもありましたので恐らく対応しているのでは。60GB以上は通常のIDEの仕様なのでOK。何にせよ特殊な商品ですので自己責任です。

SanDisk mSATA SSD UltraII 256GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDMSATA-256G-G25

mSATAアダプターと一緒に使えるSSDです。両方買っても1万円台前半ですので挑戦してみては。512GBモデルもあります。IDEの2.5インチノート最大容量の320GBを超えた容量に。仕様上は動作しますが、くどいようですがあくまでも自己責任でお願いします。

CFD IDE接続SSD CSSD-PMM128WJ2(128GB)

IDE接続レッツノートの延命・修理にお薦めのSSDです。「旧型PCのパワーアップに」とはメーカーさんのコピーですが実際組み込むと衝撃的な速さ。5V、3.3V気にせず使えるので電圧関係の改造不要です。但しSSDはHDDより相性が出やすいので、最終的には自己責任…です。

日立GST Travelstar 5K160(160GB/ATA100/5400rpm/8MB) HTS541616J9AT00

やっぱりHDDでしょ、という方に。割と珍しい160GBモデルです。3.3V仕様には加工が必要ですね。

VESSEL(ベッセル) マイクロドライバー No.9900 -1.8×50

定番の精密マイナスドライバです。信頼の日本製。品質が良いので使いやすいです。

VESSEL(ベッセル) マイクロドライバー No.9900 +00×75

ザ・定番(と個人的に呼んでいる)No.00のプラスドライバーです。No.00としては大きく力が入れやすい&お手頃な値段としっかりした作りでパーフェクト。

ミネシマ ヘラセット

ホビー用のヘラ?とお思いでしょうがノートパソコンなどの分解が驚くほど捗る逸品です。一度使えば無くてはならないアイテムに。

PC/Mac/携帯等修理用ツール Spudger

Appleのサービスマニュアルでは「Blackstick」という名前にて使用されている工具。静電気を帯電しにくいナイロン製で適度な硬さ、更に両端の片方はヘラ状、もう片方は尖っていてノートや携帯の分解にとにかく便利。こちらはmade in USAのものです。類似品とは硬さが違うのがポイント。

AINEX シルバーグリス [AS05]

折角なのでCPUのグリス塗り替えておきませんか?ということでシルバーグリス。モノによってはCPUの温度が10℃近く変わる事もあるので軽視してはいけません。色々有りますが評判の良いこちらをピックアップしました。

TRUSCO 静電気対策用手袋L(ノンコート)

静電気防止用の手袋。基板を直接触る時や乾燥した時期の作業に一つあると安心ですね。Mサイズもあります。

 こんな記事も読まれています