分解工房

東芝 dynabook T552

HDD交換/全1ページ3工程
難易度:かんたん
15インチ液晶・2スピンドルのスタンダードなダイナブックです。分解の難度も高くなくメンテナンスはし易い構造です。 ※撮影にはT552/58GKを使用しています。

 

1 page

 


T552分解1HDD蓋を外す

1.HDD蓋を外す

通電していないことを確認しバッテリーを外します。
ドライバーを使用し、HDD・メモリ蓋のネジ(ネジの種類+1)を緩めて蓋を浮かせ、 箇所にツメやヘラなどを引っ掛けて蓋を起こして外します。

※下部の小さい写真にカーソルを合わせる(またはクリックする)と左側に大きい写真が表示されます。

T552分解2HDDを外す

2.HDDを外す

HDDマウンタを固定しているネジ(種類+1/長さ6.8mm)を外し、写真2枚目箇所に指を引っ掛けて矢印方向に動かしてHDDを取り出します。

T552分解3HDDマウンタを外す

3.HDDマウンタを外す

HDDとマウンタを固定しているネジ(種類+1/長さ4.1mm)を外します。

これでHDDの取り外しが完了です。お疲れ様でした。


 

1 page

 

  工具&部品リスト 

この記事に関係がある工具と部品のリストです。リンクをクリックするとAmazonでお買い物が可能です。

intel SSDSC2KW256G8X1 Intel SSD 545s Series (256GB 2.5inch SATA TLC)

Intelの3D NANDを使用したSSD。普及モデルですが5年保証が付いてお買い得。導入しやすい値段で必要充分な容量の256GBです。

Intel SSD545sシリーズ 2.5インチ 3D TLC 1TBモデル SSDSC2KW010T8X1

Intelの3D NANDを使用したSSD。普及モデルですが5年保証が付いてお買い得。HDDの代替えとしても最適な大容量1TB(1024GB)モデル。

東芝 MQ01ABDxxxシリーズ ( 2.5inch / SATA 3Gb/s / 1TB / 5400rpm / 8MB / 9.5mm / 4Kセクター ) MQ01ABD100

やっぱりHDDかなあ、という向きに東芝製1TBのHDDです。厚みが9.5mmなので念のため開けて確認が良いかもしれません。

アネックス(ANEX) スーパーフィット精密ドライバー プラス1×100 No.3514

どこにでもある+1サイズのドライバ。お持ちでない場合にどうぞ。筆者愛用品です。

TRUSCO 静電気対策用手袋L(ノンコート)

静電気防止用の手袋。基板を直接触る時や乾燥した時期の作業に一つあると安心ですね。Mサイズもあります。

 こんな記事も読まれています


 ページトップへ戻る