分解工房

Panasonic Let'snote CF-T7/CF-T8

HDD交換/全1ページ3工程
難易度:かんたん
12インチ液晶・光学ドライブ無しのレッツノート1スピンドルモデル、CF-Tシリーズです。T7から防水機能の導入やFANの初採用、HDDのIFにSATAを採用などハードウェア的にかなり変更が加えられています。

※撮影にはCF-T8を使用しています。

 

1 page

 


CF-W7分解1トップケースのネジを外す

1.トップケースのネジを外す

通電していないことを確認しバッテリーを外します。
ドライバーを使用し、トップケース上部のネジ(ネジの種類+0/長さ4.5mm)を外します。

 

CF-W7分解2HDDを外す(1)

2.HDDを外す(1)

ボトムケース側上部HDDカバー蓋のネジ(ネジの種類+0/長さ3.6mm)を外し、カバー蓋を矢印方向にスライドして外します。

※下部の小さい写真にカーソルを合わせる(またはクリックする)と左側に大きい写真が表示されます。

CF-W7分解3HDDを外す(2)

3.HDDを外す(2)

黒いHDDカバーを手で引き抜きます。
カバーが外れるとHDDと接続コネクタケーブルが露出しますので、コネクタを手でゆっくりと抜けばHDDの取り出せます。

これでHDDの取り出しが完了です。お疲れ様でした。


 

1 page

 

  工具&部品リスト 

この記事に関係がある工具と部品のリストです。リンクをクリックするとAmazonでお買い物が可能です。

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG5Q

最近は非AFTのHDDがめっきり減ってしまったのでSSDへの交換はいかがでしょう。高速で値頃な東芝の128GBモデルです。

アネックス(ANEX) スーパーフィット精密ドライバー プラス0×100 No.3512

+0の使いやすいドライバです。お持ちでない場合に。

Crucial M500 2.5インチ 内蔵型 SATA6Gbps 960GB CT960M500SSD1

Crucialのm500です。速さと容量の大きさを兼ね備えたニクいヤツです。SSDで960GB。およそ1TBです。値段も容量の割には安い感じが。

 こんな記事も読まれています