分解工房

Panasonic Let'snote CF-S8/CF-S9/CF-S10

液晶(LCD)パネル交換/全3ページ15工程
難易度:ふつう
12インチ液晶・光学ドライブ有りのレッツノート定番モデル、CF-Sシリーズです。12インチ4:3液晶だったCF-Wシリーズが廃版になりその後継として12インチワイド液晶を搭載した当シリーズが発売されました。

※撮影にはCF-S9を使用しています。
液晶パネルのみ交換の場合の記事です。液晶ユニットごと交換の場合、手順が全く別になりますのでこちらをご覧下さい。

 

1 page


CF-S8分解1LCDユニットのネジを外す

1.LCDユニットのネジを外す

通電していないことを確認しバッテリーを外します。
箇所の緩衝用ゴムをヘラなどを使って外し、露出したネジ(ネジの種類+0/長さ3.6mm)をドライバーで外します。

※下部の小さい写真にカーソルを合わせる(またはクリックする)と左側に大きい写真が表示されます。

CF-S8分解2LCDユニットを開く(1)

2.LCDユニットを開く(1)

ネジが全て外れたら、写真2枚目の様にLCDユニット上部を指で動かし、ユニットの液晶表面と裏面の外装部品に隙間が出来る事を確認します。

CF-S8分解3LCDユニットを開く(2)

3.LCDユニットを開く(2)

LCDユニットをたたみ、両脇箇所にあるネジとヒンジカバーを外します。
写真2,3枚目ののネジ(+1/長さ4.6mm)とのネジ(+1/長さ5.6mm)を外します。ネジを外すとヒンジカバーも簡単に外れるようになります。

CF-S8分解4LCDユニットを開く(3)

4.LCDユニットを開く(3)

液晶画面側と裏側(ロゴ側)の外装部品を固定しているツメをを外します。
液晶裏側部品の端に外装部品間の隙間があるので、その隙間に薄いヘラや固いカード(なるべく薄くて固いもの)を差し込み、少し揺らすようにするとツメが外れます。(※1番はツメがありません)
順序としては1,2番のラインを交互に外し、その後3番、次項で4番のラインを外します。2,3,4番の○箇所付近にツメがありますので、その付近にヘラを差し込んで裏側ケースを浮かせるようにしてツメを外すと効果的です。3番のようにヘラが2枚有ると楽です。外れて隙間が出来たら4番の様に何か薄いものを角に差し込んで隙間を維持すると便利です。

CF-S8分解5LCDユニットを開く(4)

5.LCDユニットを開く(4)

下(キーボード)側にあるツメも前項同様にして外します。


 

1 page

  工具&部品リスト 

この記事に関係がある工具と部品のリストです。リンクをクリックするとAmazonでお買い物が可能です。

松下 panasonic CF-S10 CF-S9 液晶パネルLT121DEVKP00 12.1インチ

CF-S8,S9,S10に対応する液晶パネルです。交換用にどうぞ。できれば交換予定のPCから一度液晶パネルを取り外し、型番を確認して交換することをおすすめします。

東レインターナショナル TVトレシー クリーニングクロス Mサイズ ZK2540-TVTI

交換時の隠れた必需品のクリーニングクロス。作業時の画面保護や指で触ってしまった時の拭き取りに。画面より大きいサイズのものがあると保護に便利です。液晶TVなど用ならどれでも問題は無いと思いますがここでは個人的にも使っているトレシーをご紹介。

iSesamo【iPhone/iPod/iPad対応修理工具】分解工房オリジナルロゴ版

最薄部0.3mmのステンレス製作業用ヘラです。分解工房ロゴ入りのオリジナルモデルです。隙間にねじ込んだり起こしたりケーブルを剥がしたり地味に便利な逸品。定番のヘラセット(約0.5mm)よりも薄いです。ステンレスなので丁寧に使わないとPCに痕が残るのが難点かもしれません。作業は慎重にお願いします。

アネックス(ANEX) スーパーフィット精密ドライバー プラス0×100 No.3512

+0の使いやすいドライバです。お持ちでない場合に。同シリーズの+1もどうぞ。

ミネシマ ヘラセット

ホビー用のヘラ?とお思いでしょうがノートパソコンなどの分解が驚くほど捗る逸品です。一度使えば無くてはならないアイテムに。

Fender ピック×10枚 ティアドロップ MEDIUM-WHT

ごく普通のギターピックですが、薄い、それなりの固さ、値段の安さで便利。隙間開けのお供に。使い終わった後は普通にピックとして使えます。お好きな色のピックを探してあげて下さい。

TRUSCO 静電気対策用手袋L(ノンコート)

静電気防止用の手袋。基板を直接触る時や乾燥した時期の作業に一つあると安心ですね。Mサイズもあります。

 こんな記事も読まれています


 ページトップへ戻る