分解工房

Panasonic Let'snote CF-W7/CF-W8

DVDドライブ交換/全5ページ21工程
難易度:やや難しい
12インチ液晶+光学ドライブのレッツノートの定番するモデル、CF-Wシリーズです。W7では防水機能の導入やFANの初採用、HDDのIFにSATAを採用などハードウェア的にかなり変更が加えられています。

※撮影にはCF-W7を使用しています。

 

1 page


CF-W7分解1トップケースのネジを外す

1.トップケースのネジを外す

通電していないことを確認しバッテリーを外します。
ドライバーを使用し、トップケース上部のネジ(ネジの種類+0/長さ4.5mm)を外します。

 

CF-W7分解2HDDを外す(1)

2.HDDを外す(1)

ボトムケース側上部HDDカバー蓋のネジ(ネジの種類+0/長さ3.6mm)を外し、カバー蓋を矢印方向にスライドして外します。

※下部の小さい写真にカーソルを合わせる(またはクリックする)と左側に大きい写真が表示されます。

CF-W7分解3HDDを外す(2)

3.HDDを外す(2)

黒いHDDカバーを手で引き抜きます。
カバーが外れるとHDDと接続コネクタケーブルが露出しますので、コネクタを手でゆっくりと抜けばHDDの取り出しが完了します。

CF-W7分解4ボトムケースのネジを外す

4.ボトムケースのネジを外す

ボトムケースのネジを外します。メモリカバー下にもネジがあるのでメモリカバーも外しましょう。

ネジの種類/長さ
+0/14.5mm
+0/6.8mm
+0/12.5mm
+0/10.7mm
+0/6.5mm
+0/6.5mm ※より太い
+1/5mm
+0/4.5mm
+1/15mm

ネジの種類が極めて多いため混同しない様に管理しましょう。

 


 

1 page

  工具&部品リスト 

この記事に関係がある工具と部品のリストです。リンクをクリックするとAmazonでお買い物が可能です。

VESSEL(ベッセル) マイクロドライバー No.9900 -1.8×50

定番の精密マイナスドライバです。信頼の日本製。品質が良いので使いやすいです。

アネックス(ANEX) スーパーフィット精密ドライバー プラス0×100 No.3512

+0の使いやすいドライバです。お持ちでない場合に。同シリーズの+1もどうぞ。

ミネシマ ヘラセット

ホビー用のヘラ?とお思いでしょうがノートパソコンなどの分解が驚くほど捗る逸品です。一度使えば無くてはならないアイテムに。

PC/Mac/携帯等修理用ツール Spudger

Appleのサービスマニュアルでは「Blackstick」という名前にて使用されている工具。静電気を帯電しにくいナイロン製で適度な硬さ、更に両端の片方はヘラ状、もう片方は尖っていてノートや携帯の分解にとにかく便利。こちらはmade in USAのものです。類似品とは硬さが違うのがポイント。

 こんな記事も読まれています