分解工房

Panasonic Let'snote CF-S8/CF-S9/CF-S10

HDD交換/全1ページ5工程
難易度:かんたん
12インチ液晶・光学ドライブ有りのレッツノート定番モデル、CF-Sシリーズです。12インチ4:3液晶だったCF-Wシリーズが廃版になりその後継として12インチワイド液晶を搭載した当シリーズが発売されました。

※撮影にはCF-S8を使用しています。

 

1 page

 


CF-S8分解1ボトムケースのネジを外す

1.ボトムケースのネジを外す

通電していないことを確認しバッテリーを外します。
ドライバーを使用し、ボトムケースのネジを外します。
ネジの種類は以下の通りです。

ネジの種類+0/長さ3.6mm

 

CF-S8分解2HDD収納スペース蓋を外す

2.HDD収納スペース蓋を外す

箇所、HDD収納スペースの蓋を外します。

※下部の小さい写真にカーソルを合わせる(またはクリックする)と左側に大きい写真が表示されます。

CF-S8分解3HDDを外す(1)

3.HDDを外す(1)

ヘラなどでHDD引き出し用のベロ部分を出し、接続コネクタ部が見える様にHDDを少し引っ張り出します。

CF-S8分解4HDDを外す(2)

4.HDDを外す(2)

ヘラなどで両脇から接続コネクタ部をHDDから離すようにし、コネクタを外します。
コネクタが外れたらHDDを引っ張り出します。

CF-S8分解5取り外し完了

5.取り外し完了

これでHDDの取り外しが完了です。

 


 

1 page

 

  工具&部品リスト 

この記事に関係がある工具と部品のリストです。リンクをクリックするとAmazonでお買い物が可能です。

東芝 MQ02ABFxxxシリーズ ( 2.5inch / SATA 6Gb/s / 1TB / 5400rpm / 8MB / 9.5mm / 4Kセクター ) MQ02ABD100H

東芝製の1TB/5400回転のHDD。ごく普通のHDDです。AFTなのでリカバリ時は要注意です。

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG6Q

容量より速度、なら圧倒的な速さのSSDです。技術と信頼の東芝製128GB。お値段脅威の1万円切り。安い。

Transcend SSD 2.5インチ SATA3 6Gb/s 512GB 3年保証 TS512GSSD320

Transcend製の容量512GBのSSD。こちらも買いやすい価格&安心の3年保証です。

Crucial [Micron製Crucialブランド] 自社製MLCメモリー搭載 BX100 2.5インチ 内蔵SSD ( 500GB / SATA 6Gbps / 7mm / 9.5mmアダプタ付属 ) CT500BX100SSD1

米Crucial製ののSSD。1TBもあります。速さも容量も、という究極の選択肢。値段もそれなりに現実的になりました。

アネックス(ANEX) スーパーフィット精密ドライバー プラス0×100 No.3512

+0の使いやすいドライバです。お持ちでない場合に。

ミネシマ ヘラセット

ホビー用のヘラ?とお思いでしょうがノートパソコンなどの分解が驚くほど捗る逸品です。一度使えば無くてはならないアイテムに。

PC/Mac/携帯等修理用ツール Spudger

Appleのサービスマニュアルでは「Blackstick」という名前にて使用されている工具。静電気を帯電しにくいナイロン製で適度な硬さ、更に両端の片方はヘラ状、もう片方は尖っていてノートや携帯の分解にとにかく便利。こちらはmade in USAのものです。類似品とは硬さが違うのがポイント。

TRUSCO 静電気対策用手袋L(ノンコート)

静電気防止用の手袋。基板を直接触る時や乾燥した時期の作業に一つあると安心ですね。Mサイズもあります。

 こんな記事も読まれています


 ページトップへ戻る